未分類

シャンデリアについて

今度、引っ越ししたら、自宅にシャンデリアを入れたい!

そんなあなたに、シャンデリアを選ぶポイントをお伝えします。
シャンデリアとは、ご存知の通り、お部屋をゴージャスに見せたり、可愛らしい印象を与えるインテリアライトです。

元々、シャンデリアとは、ガラスや金属などを素材にして、華やかに装飾した室内灯で、通常は天井から鎖などで懸架するか、あらかじめ天井に設置されている引掛シーリング・ローゼットに直接取り付け、装飾性が高く、多くの光源とその光を複雑で魅力的なパターンで散乱させるためのカットされたガラスがちりばめられているライトです。

しかし、本場のシャンデリアは、費用も高く、場合によっては、日本の低い天井に合わなかったりします。

そんな西洋のお屋敷にある様なシャンデリアも、材質等改良され、軽量化と共に、価格も手軽になり、家庭でも設置する事が可能になりました。

シャンデリアは、物によっては、電球の数が多いですし、素材によっては、非常に明るく、メイン照明としても十分に使えるものもあります。

その分、電気代や電球のメンテナンスにコストが掛かるというところがポイントです。

デザインも豊富で、綺麗なものから、ゴージャス、フェミニンなもの、アブノーマルな物から近未来的な物まで、バラエティに富んでいます。

存在感のあるインテリアですので、お部屋のコンセプトを決めるキーアイテムになる事でしょう。

おしゃれなシャンデリアをもっと探すならこちら

未分類

照明といえば北欧!

北欧風とか北欧デザインと聞くと、いかにも温かみがありそうだな、とか、シンプルでいながらとても素敵な感じがする、なんて言う方が多いですが、やはりお洒落ライフを生きるためには欠かせないのが北欧風アイテムといっていいでしょう。

では北欧デザインの1番のポイントは何か?といえば室内照明なんですね。北欧の人の間接照明の使い方は世界一上手だそうです。照明の色々な効果を状況に合せて使い分けていて、シーリングライト1つでパッと明るくしてくれればいい、というような日本によくある光景は全くないそうです。

照明を考える上で大事なコツの全てを教えてくれるのが北欧流である、とも言えます。まず部屋の目的によって照明を分けるのが北欧の流儀です。食卓は定番のペンダントを使用したり、書斎のデスク、リビングのお洒落な照明、暖炉用もあれば、キャンドルの光もとても種類が豊富です。

では日本で北欧風にしたければどうすればいいの?といえば、1つの部屋に1つ、というシンプルさと対極にあるとも言える多灯タイプにすること、と言えるでしょう。また1つ1つの照明はシンプルなタイプであり、それでいてお洒落でもある、というところもポイントです。

北欧にはもちろんたくさんの照明メーカーさんがあって、どれもが世界的に有名なメーカーさんばかりです。冬になればただ暖房設備で部屋を温かく保つだけではなく、雰囲気を温かくすることで心身ともに温かくなれる、そんな魅力に惹かれます。

北欧照明

和室 照明

間接照明

未分類

北欧照明のオススメ

近年、インテリアの世界では、北欧家具などがブームですが、元々、北欧の人々は間接照明を多用して空間を演出する風習があります。ですので、北欧家具に加え、北欧照明を取り入れる事で、あなたの空間を本格的な北欧調にする事が出来ます。

北欧家具を部屋のワンポイントに取り入れても良いですし、ダイニングにはペンダント照明、寝室にはフロアスタンド、リビングには、シーリングライトとスポットライトを等、組み合わせを楽しめるのも北欧照明の醍醐味です。

家具を北欧家具で統一している人も、そうでない部屋にも北欧照明は、どんな部屋にも合う多様なデザインをご用意しておりますので、是非、あなたのお気に入りの空間を演出する照明を探して見て下さい。

それでは、北欧照明をいくつかご紹介しましょう。

「波紋」は簡単に「癒しの部屋」にしたい方にオススメしたいスタンドライトです。

帰宅して、スタンドライトの波紋にスイッチを入れた途端、柔らかな光が包み込み、あなたの部屋は、癒しの空間に早変わりです。

「ジュリア」は部屋を癒しの空間に演出したい方にオススメの天井照明です。デザインは、白くて丸い形状にシェードが繊細に施されており、美しい印象を与えます。光を灯すと、シェードの隙間から光が陽だまりのようにこぼれ落ち、空間を優しく包み込みます。

部屋やカフェのメイン照明として、ベットルームやワンポイントアクセントにと多様な用途で利用可能なペンダントライトです。

「ミッドセンチュリー北欧照明」は、シンプルでモダンなデザインで部屋をシャープに魅せる事が出来ます。

スタンダーな形状でありながら、他とは一味違う所が人気の秘密です。

北欧照明